石段イベント

「――――――!!」
上から誰かの声がした。

<渡>「あ……」

登った先、石段の上で男二人が一人の少女を取り囲んでいる。
黒い服に黒い帽子と、いかにもどこかのエージェントみたいだ。
サングラスもかけている。一人は少女の腕を押さえて、何やら彼女の口元に白い布を押し付けている。
――――そいつは間違いなく雨宮だった。

inserted by FC2 system